(月曜日)

ポイント10倍 レイコップRN&選べる国産和牛A&ハーゲンダッツ豪華3点セット 景品 二次会 ビンゴ 忘年会

二次会 景品 レイコップ ポイント10倍 布団掃除機 選べる景品 セット 豪華グルメ3点 目録 A3パネル付コスプレ衣装+ウィッグ+靴+道具-めぐみんの杖 この素晴らしい世界に祝福を! 「このすば」 めぐみん 仮装/華麗/高品質二次会 景品 ホームベーカリー ポイント10倍 選べる景品 セット 豪華グルメ5点 目録 A3パネル付

Everybody! Good Monday!
[2019vol40]

2019年第41週、10月第2週。
もう秋真っ只中のはずだが、
まだまだ暑い日もあって、
地球温暖化の進捗を実感させられる。

だが、世界の両雄となった米中が、
この件に関して無神経であるから、
時代は20世紀に戻りつつある。

なんということだ。

月刊商人舎Webコンテンツ。
月曜朝一の2週間販促企画。

消費税が10%となった後の、
大手2社の消費喚起販促を取り上げる。

まずイオン。
グループを挙げたプロモーション展開。
10月は「トップバリュ誕生50周年記念」
⑴50%増量セール
⑵ポイント還元プロモーション

⑵はイオンカード、電子マネー「WAON」、
共通ポイント「WAON POINT」が対象。

イオン九州は「本気の値下げ」。

5倍ポイントセールは当たり前。
10倍、20倍のボーナスポイントなど、
ポイント還元合戦はし烈だ。

予想通り。

しかし背に腹は代えられない。

そして西友。
新価格プログラム「超超得」を実施する。
これまでは「超得」「今トク」。
ウォルマートのロールバックと同じ。
その対象アイテムの中から、
さらに値引きして販売する。

「飲料・加工品など」と「生鮮」。
それぞれ数アイテムを選んで、
毎週3日間限定で展開。

飲料・加工品は週末の土・日・月、
生鮮食品は週中の火・水・木。

すでに8月から、
3つの新価格プログラムを展開中。
「超得」「今トク」「プライスロック」。
それに「超超得」が加わる。

セブン&アイはこれに加わらないが、
ドン・キホーテ&ユニーは、
「驚安」作戦だから、
大手流通業は消費増税に対して、
こぞって価格政策を採用することになる。

何しろこの消費増税前まだは、
エブリデー高価格だったコンビニが、
国民の「血税」を活用して、
2%ディスカウントする。

だから大手は、
顧客の価格コンシャスに、
スケールで対抗する。

利益にはしばらく目をつむって、
「背に腹は代えられない」。

一方、キャッシュレス化は、
着実に進んでいる。

もちろん資本金5000万円以下の小売業。
従来、キャッシュレス決済の割合が、
3割強だった店は、
5割にまで上がっている。

1割から2割くらいは、
キャッシュレス化比率が高まる。

しかしだからといって、
売上高が上がるわけでもないし、
客数が増えるわけでもない。

顧客の心理は、
「ポイント還元、プレミアム商品券、
使わないという選択肢はないやろ!」

佐藤健と鶴瓶が出演するCM。
ドリームジャンボ宝くじ。
「買わないという選択肢はないやろ!」

さて「Harvard Business Review」、
最新号が届いた。

一本特集は、
「従業員エンゲージメント」

巻頭の記事はこれ。
IMG_10049
ビジネスに「知性」を与えてくれる。
月刊商人舎もそれを志向する。

さて、今週末も、
台風19号が日本列島に近づく。

それでもスポーツ界に、
停滞はない。

ラグビーワールドカップは、
週末13日のスコットランド戦に向けて、
最高潮を迎える。

一方、カタールのドーハでは、
陸上世界選手権。
男子400mリレー決勝で、
日本チームは37秒43のアジア新記録。
2大会連続の銅メダル。

多田修平⇒白石黄良々⇒桐生祥秀、
そしてアンカーはサニブラウン・ハキーム。

2016年リオ五輪のアジア記録を、二次会 景品 肉 近江牛 1パウンド サーロインステーキ ポイント10倍 11点セット A3パネル付 結婚式 二次会 景品 ビンゴゴルフコンペ 景品18点セット《選べる 高級レストランディナー・ランチペアチケット / 米沢牛焼肉用 他》 ゴルフコンペ 景品多数 特大パネル/目録
0秒17短縮。

凄い記録だ。

女子ゴルフは畑岡奈採が、景品 ディズニー or USJ 選べるペアチケット ポイント10倍 目録 単品 A3パネル付 結婚式 二次会 景品 ビンゴ二次会 景品 ズワイガニ1kg カット生タイプ ズワイ蟹 ハーゲンダッツ等の中から選べる豪華グルメ3点/目録とA3パネル付 クオ千円分付 結婚式 ビンゴ
日本女子オープンで3度目の優勝。
この4年間は、
優勝⇒優勝⇒準優勝⇒優勝。
これも凄い。

そしてプロ野球クライマックスシリーズ。
セントラルリーグでは、
ペナントレース3位の阪神タイガースが、
2位だったDeNA横浜ベイスターズを、
雨中の闘いで破った。

最後は藤川球児が2回を抑えて勝利。

パシフィックリーグも、
ソフトバンクスホークスが、
楽天ゴールデンイーグルスを撃破して、
決勝に進出。

ほぼ日の糸井重里。
今日のダーリン。

「”敵を憎むというかたち”以外に、
戦いはあるはずだ」

同感。

「ラグビーには、
それが見えるのが気持ちがいい」

「もしかしたら、
やせがまんをしているのかもしれないが、
それならそれでいいではないかと思う」

「”どういうやせがまんをするか”こそが、
その世界の文化なのだと、ぼくは思う」

そして糸井重里の秀逸コピー。
「”知的にコントロールされた戦い”は、
芸術である」

消費増税後の様々な政策に必要なのも、
「知的にコントロールされた戦い」である。
「芸術」と呼ばれるほどの商戦である。

“敵を憎むというかたち”以外の戦いである。

では、みなさん、今週も、
知的にコントロールされた商売を。
Good Monday!

〈結城義晴〉

毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む